腎細胞がんの症状や診断・治療について情報をお届けします。腎細胞がん情報サイト

ノバルティス ファーマ株式会社

HOME > 腎細胞がんの治療について > 腎細胞がんの治療の流れ

監修:札幌医科大学医学部泌尿器科学講座 教授 舛森 直哉 先生

腎細胞がんの治療の流れ

腎細胞がんの治療は、病期や全身状態を総合的に考慮した上で進めていきます。治療の中心となるのは手術療法ですが、免疫療法(サイトカイン療法)、分子標的薬免疫チェックポイント阻害薬などの薬物療法を組み合わせて行います。

腎細胞がんと診断されたら、通常、病期にかかわらず、原発巣を手術により摘出します。根治をめざした原発巣の手術では、がんのある側の腎臓をすべて摘出する腎摘除術が標準治療とされていますが、最近では腫瘍径が小さい場合、部分的に摘出する腎部分切除術も増えています。また、従来は腹部を切開して腎臓を摘出していましたが、内視鏡を用いた侵襲の少ない(身体への負担が少ない)手術も行われるようになってきました。

その後、再発が見つかった場合でも、転移巣が1つだけであったり、完全に切除することが可能であれば、転移巣の切除術を行います。複数の遠隔転移がある場合や手術ができない場合には、薬物療法などが行われます。腎細胞がんでは、従来の抗がん剤が効きにくいため、インターフェロンやインターロイキン2などのサイトカインを用いた免疫療法が行なわれてきました。最近では多数の分子標的薬や、免疫チェックポイント阻害薬が開発され、使われるようになっています。

※一般的な腎細胞がんの治療の流れであり、患者さんの状況によって異なります。
治療の進め方は、担当医師とご相談ください。

▲ページトップへ

ノバルティス ファーマ株式会社