腎細胞がんの症状や診断・治療について情報をお届けします。腎細胞がん情報サイト

ノバルティス ファーマ株式会社

HOME > 腎細胞がんと診断されたら > 診断方法について

監修:札幌医科大学医学部泌尿器科学講座 教授 舛森 直哉 先生

診断方法について

診断から治療方針の決定まで

診断のながれ

いまや健診や他の病気で検査を受けた際に偶然に発見される患者さんの割合は、新たに腎細胞がんと診断される患者さんの約70%を占め、それらのがんの半数以上は腫瘍径4cm以下の早期がんである場合が多いとされています。

このように、腎細胞がんは超音波検査など画像検査で発見されやすいがんであり、腎細胞がんを見つけ出すために特別な検診が行なわれることはありません。

人間ドックなどの超音波検査で腎細胞がんが疑われる場合には、さらにCT検査などで精査し、診断を確定します。

画像検査で腎細胞がんと診断されたら、がんが腎臓内にとどまっているのか、他の臓器に転移しているのか、がんの広がり具合を調べます。

主な診断のながれを示します。

問診

発症の危険因子である肥満、高血圧、喫煙、遺伝因子、環境因子(職業)、透析治療の有無などを聴きます。

画像検査

腎細胞がんは主に画像検査により診断されます。まずは超音波検査によりスクリーニングが行なわれ、腎細胞がんが疑われた場合にはさらにCT検査により診断を確定します。腎臓にできる良性腫瘍との鑑別診断も画像検査でほとんど可能です。

超音波検査
身体に対する影響が少なく、健診や外来で簡単に行うことができます。腎細胞がんのスクリーニング検査として行われます。良性腫瘍との鑑別にも有用です。

CT/MRI検査
CTはX線で腹部の断面の画像を描き出す検査で、ほぼ確定診断ができます。腎細胞がんでは造影剤を使用したダイナミックCTが最も診断力の高いCT検査です。リンパ節転移がないか、静脈ががんでふさがっていないかも診断できます。

MRIは磁気を使ってからだの内部を描き出す検査で、良性か悪性かを捉えるのに適しています。CTで確定できなかったり、他の病気との鑑別が難しいときにMRIを行うことがあります。

腎血管造影検査は、静脈ががんでふさがっていることが疑われた場合、その範囲を確認するために補助的に行うことがありますが、CT検査の性能が向上したため、最近ではあまり行われなくなっています。

肺のCT検査、胸部X線検査
腎細胞がんは肺に転移しやすいため、肺のCT検査で転移の有無を調べます。あわせて胸部X線検査が行われることもあります。

骨シンチグラフィ
骨も腎細胞がんが転移しやすいところの1つです。進行がんや既に骨への転移がわかっている場合などには、全身の骨の状態を調べるために骨シンチグラフィを行います。

血液検査

血液検査では、腎細胞がんの状態をあらわす指標となることが知られている、貧血や血清カルシウム濃度、血清LDH、CRPなどを調べます。

生体組織診断

一般に、ほかのがんでは針で組織をとる生検を行って病理組織診断で確定診断します。腎細胞がんは画像検査でほとんど診断が確定できるため、通常は治療前に針生検を行いません。病理組織診断は、手術により摘出した組織の標本で行い、治療方針を決定するために組織型などを確認します。

▲ページトップへ

ノバルティス ファーマ株式会社